タンク内の部品の故障で発生している

神戸水道どっくレスキュー

チョロチョロと水が垂れる現象

便器内でチョロチョロと糸筋の糸が引くように流れるタイプの水漏れは、トイレの水漏れの中でも比較的よく見られる不具合で、主な原因がトイレタンクの内にある部品の経年劣化によるものが大半を締めていますのでご紹介します。

ゴムフロート
ゴムフロートは、便器に洗浄水を流すレバーに繋がっているゴム製の部品で、フタの開閉によってタンク内に貯水している水を便器に一定量の水を出したり止める働きを担っています。
このフロートバルブが経年劣化で摩耗した場合、ゴムが溶けてきたり小さくなったりして水漏れが発生します。
タンク内の水がゴムフロートとの隙間から少しづつ漏れ出てくるようにな利便機内に一筋の糸を引くような水漏れが発生します。
フロート弁
フロート弁はタンク内に一定量以上に貯まった水を便器に流して、タンクから水が溢れないようにするプラスチック製の部品です。
タンクの中でちょうど中央あたりにある円筒形の部品です。フロート弁が劣化すると根本から折れることがあったりします。
万一折れたりひび割れしてきた場合にはタンクに貯まるはずの水がすべて便器に流れて続けてしまいます。
ボールタップ
ボールタップはタンク内に貯水する水量を測定し給水したり止めたりする役割があり、先端に浮きゴムがついている部品です。
劣化してくるとボールタップ内の減圧弁が消耗することや金属の部分にサビが発生して次第に正常な機能を保てなくなります。
その後、一定量の水がタンク内に貯まっても水を止められなくなり溢れた水がオーバーフロー管を通って便器に流れ出る症状へと悪化していきます。
便器にチョロチョロと水漏れがする場合には、タンク内の部品が不具合を起こしている初期段階です。
次第に便器に流れてくる量が多くなり水道料金が高くなっていきます。この状態ですと放置していても解決することがなく部品交換が必要となってきます。


基本情報

兵庫県対象地域紹介
西宮市 宝塚市 伊丹市 尼崎市 明石市
姫路市 加西市 相生市 三田市 高砂市
電話相談受付中
芦屋市 丹波篠山市 加東市 たつの市
西脇市 三木市 小野市 川西市 加古川市
緊急の修理対応
神戸市 須磨区 垂水区 長田区 灘区
兵庫区 東灘区


料金1
料金2
手順
材料メーカー